こすけの株式チャート解説・株ブログ

株についての内容からプライベートの内容まで様々なものをブログで更新したいと思います。twittrフォローお願いいたします!@kosukeline

【初心者必見!!】株価チャートを見るときに重要・大切にしている事を大公開!!

初めに・・・・・

 

今回は私が重要にしているチャートの私なりの見方を紹介したいと思います。

  
トレードを毎日行っている人はわかると思いますが、
 
25日移動平均75日線がサポート線となって
 
そこで反発したりする動きになる事が多いですよね。
 
板の状況やテクニカルなど他の要因も必要ですが
 
これに忠実にトレードするだけで少しは成果が出ると思います。
 

チャートを見る時どこを見ているか???

 

 

  1. 25移動平均線と75日移動平均
  2. 出来高
  3. 過去の日足の流れ
私は上記の3項目を主に見ています。
 
大体皆さんと見るポイントは
 
同じかなと思います。
 

25日移動平均線と75日移動平均線について

 冒頭でも書いた通り、株価この2種類の線に

 

沿って動く傾向が強いと思います。

 

なので私は今ある株価がこの2種類の線とどの位乖離

 

しているかを見たり、日足の位置を見たりします。

 

買う時のポイント

実際のチャートをで私がいつ買っているか説明します。
 
今回はウェブロックのチャートで説明します。
(2017年5月25日と26日のチャート)
 
私が買うときは大体5分足と1分足を見て買います。

 

f:id:ronauj09:20170526123752p:plain

 
 
緑が25日線  青が75日線です。
 
買うポイントが4箇所売るポイントが1箇所あります。
 
それぞれ説明したいと思います。
 

図の①について

 
大きな陰線の後陰線が続いて75日線をに差し掛かり
 
75日線できっちり反発しました。ここで買いです。
 
正直この流れは一回反発してさらに下がる可能性が
 
あるので、陽線を付けたそのあとの5分待っても
 
良いかもしれません。
 

図②について

 ココも1同様ですね。
 
大きな陰線の後陰線が続いて75日線をに差し掛かり
 
75日線できっちり反発しました。ここで買いです。
 

図③について

この図③は損切、利確の売りポイントです。
 
②で買った次の5分が25日線を突き抜けて上がりました
 
しかし、次の5分では25線で反発し、その後は図③
 
75線まで株価が来ました。ここで売りです。
 
25線が下向きで、株価がそこを突き抜けずに、
 
75線まで戻ってきたのは売りが強いと思います。
 
なので一旦売り入るタイミングをまた伺いましょう!
 

図④について

終盤に25日移動平均線を突き抜けました。

 

25日線などのサポート線で反発したり

 

突き上げたりしたら次の日高値で始まることが

 

多いです。まあただそれだけの理由なので、

 

キャンブルパターンですね!

 

図⑤について

これ始まりは高値で始まりましたが

 

その後は陰線が続き、75日線や25日線

 

下回るかと思いきや大陽線が出ました。

 

さらに大陽線が前の陰線より大きくなっています。

 

これは買いが強くなった証拠なので、全力買いです!

 

このパターンは上げてすぐ落ちるパターン

 

あり得ます!

 

f:id:ronauj09:20170526123736p:plain

 

 

緑が25日線  青が75日線です。

 

買うところのポイントは2箇所あります。

 

図①について

これは25日線を割り込んで大陽線をつけて

 

25日線を突き抜けました。

 

これは1分足なので、大陽線が出来るのは、

 

売りが少なく買いが多いと考えます。

 

これは単純に買いです。

 

図②について

25日移動平均線が上向きで、株価がそれよりも上

 

ある時に、株価が25移動平均線に差し掛かった

 
パターンです。②は少し大きな陽線をつけ
 
25移動平均線で反発しました。
 
これは買いが強く、逆の動きをしたら
 
注意してトレードしましょう。
 
以上で移動平均線に関する説明は終わります。
 
あくまで私のタイミングなので、トレードを行って
 
自分のタイミングや勝てる法則
 
見つければ良いと思います。
 
出来高などについても書きたったのですが、
 
まだこれに慣れてなくなぜかプレビューで先が
 
表示されないので、各タイミングがあれば書きます!
 
もしよければこの記事をSNSで拡散して頂けるT
 
うれしいです。
 
twitterもフォローお願いします!

こすけtwitter

スポンサードリンク

 

《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

うねりチャート底値買い投資術